イタリアで開始したワクチンパスポートのレポート記事

投稿者:鈴木大介さん

  

イタリアで開始「ワクチンパスポート」の現状

https://toyokeizai.net/articles/-/449416

 

本年8月6日からイタリアは12歳以上を対象に「グリーンパス」というワクチンパスポートの提示義務が課され、提示しないとレストランなどの飲食店、映画館などの娯楽施設から今秋からは飛行機、長距離列車なども利用できないという大変厳しい内容で、その実情のレポート記事です。

 

イタリアは陽気なお国柄で運用が多少ルーズかと思いきやチェックが存外厳しく、非接種者は不便さと差別やいじめなどに直面する恐れがあります。

 

しかし、ワクチンでコロナ禍が改善しているかと思いきや、実情は以下のようです。

 

(以下、記事一部抜粋)

ちょうど1年前のワクチンがまだなかった頃と今では、どれだけ違いがあるだろうか。イタリアの日刊紙「La Repubblica」のデータを見てみた(2021年、2020年)。

 

●2021年8月17日(検査数 23万8073人)

 ・新規感染者数 5237人

 ・死者数 54人(前日は24人)

 ・重症者数 423人

 

●2020年8月17日(検査数 3万0666人)

 ・新規感染者数 320人

 ・死者数 4人

 ・重症者数 58人

 

驚くことに、あまり効果があるようには感じられないどころか、実はワクチン接種が全国民の60%を超えた今年のほうが、感染者数が約10倍と多い。(以上)

 

日本も徐々にワクチンパスポートの義務化の動きが進んでいますが、イタリアなどの実情からワクチンは無力(寧ろ有害)でコロナを防ぐ効果はないことをコロナ脳の国民に学んで欲しい!

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

ワクチンパスポートが必要な日常は、メチャクチャ不便ですね!

 

もし同じ制度を日本も適用した場合を想像してみました。

 

それでも私はワクチンを打たないでしょう。そうなるとレストランなどの飲食店、映画館などの娯楽施設、飛行機、長距離列車が使えなくなるわけです。

 

すなわち「健康で文化的な最低限度の生活が営めない」わけです。

 

これって、完全に憲法違反ですよね。

 

 

「新型コロナウィルス感染予防政策」の名のもとに、憲法違反を容認して良いのか、強い疑問があります。

 

ワクチンパスポートに反対します!

 


 

 

☆スポンサーの広告☆

↑応援クリック↑

 

おかげさまで

ホームページが維持できています。  

 


コメント: 0