尾身茂の傘下である地域医療機能推進機構(JCHO)が、コロナ患者をほとんど受け入れず

尾身茂の傘下である地域医療機能推進機構(JCHO)が、コロナ患者をほとんど受け入れず

 

投稿者:鈴木大介さん

 

 

 

泉美木蘭さんがブログで紹介していた内容がアップされました。

 

「コロナ病床5%」旧国立・社保庁197病院への疑問 法律あっても病床確保は厚労相のお願いベース | 新型コロナ、長期戦の混沌 - 東洋経済オンライン 

https://toyokeizai.net/articles/-/450095

 

厚労省管轄の国立病院機構(NHO)と尾身会長が理事長を務める地域医療機能推進機構(JCHO)がいかにコロナ患者を受け入れてないかを糾弾しています。

厚労省管轄、ましてやJCHOの理事長は政府のコロナ分科会の尾身会長なのに、厚労大臣がコロナ患者受け入れをお願いしかできないのは理解できません。

 

(記事一部抜粋)

「国立病院機構と地域医療機能推進機構はどれほどコロナ患者を受け入れているのだろうか。筆者が入手した資料によると、7月末時点で、国立病院機構の全国140病院の計約3万8000床のうち、コロナ病床は1854床(4.8%)、地域医療機能推進機構は全国57病院の同1万4000床のうち、816床(5.7%)。合わせてざっと5%程度にすぎない。

 

「この東京で、国立病院機構は3病院の計1541床のうち128床しかコロナ病床に提供できていない。地域医療機能推進機構も5病院の計1455床のうち158床だ。実際の入院患者は8月6日時点で計195人と、同日に都内で入院していた患者3383人の5.8%にとどまった。災害同然の危機的な状況なのに国が関与する医療機関の対応として妥当なのかと疑問に思う。」

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

尾身茂に、来日したバッハを批判する資格があるはずがない!

 

ただちに、自らの傘下である地域医療機能推進機構(JCHO)が、コロナ患者をほとんど受け入れずに1万4千床中、8月6日時点で345人で全体の2.4%、巨額の税金(国立病院機構・地域医療機能推進機構における医療提供体制の整備65億円)が投じられていることを国民に謝罪し、ただちに改善するべきじゃないのか!?

 

こんな欺瞞をスルーして尾身を称える知識人、そして一般人。

もはや道理も正義も無い。

 

泉美木蘭さんのブログ

https://www.gosen-dojo.com/blog/32057/

 

 

▼コメント欄へはコチラ▼