· 

【茶魔辞典】おぼっちゃまくん トイレ(画像有り)100畳とは50坪で、注文住宅の全国平均38坪よりも広いです!

おぼっちゃまくんのトイレは100畳敷きの和式トイレです!

出典:文庫本2巻「ともだちんこ誕生㊙物語」より

※ 漫画の掲載は、小林よしのり先生の許可を得ております。著作権者の許可無しの転載は禁止されております。

 

100畳という広さは50坪(165.62㎡)です。

 

注文住宅における床面積の全国平均は約38坪(126.80㎡)です。

 

つまり一般庶民がローンで建てた住宅は、御坊家のトイレよりも狭いわけです(号泣)

 

 

 

ちなみにこの和式トイレはあまりに広すぎて、誰かにトイレットペーパーを持って来てもらわないとお尻もふけません!

 

ただし便器自体は普通の大きさです。

 

(むしろ使い勝手が悪いだけで、広くする意味が無い気もしますが・・・)

 

 

 

壁面には虎、その前には、ししおどしが組み込まれた小庭あります。

 

そして床の間に掲げられた大きな額に書かれた言葉を見ると、

 

 

フン起一番

 

 

出せば出る

出さねば出らぬ

何事も

出らぬは人の

 

出さぬなりけり

 

 

おぼっちゃまくんのコミック版の方には付録で「トイレ用教訓ポスター」があります。

 

作者である小林よしのり先生のポートレートに、トイレにまつわる名言(?)が書かれています。

左:コミック版の13巻

右:コミック版の16巻

おぼっちゃまくんのトイレは、巨大な洋式トイレもあります!

出典:文庫本1巻「思い出のおかあちゃま」より

 

おぼっちゃまくんの洋式トイレは、亡くなったお母ちゃまの写真でいっぱいです。

 

茶魔がはじめて初めて自分でウンコしたのが、この洋式トイレ。

 

おかちゃまに褒めてもらえたという思い出のトイレなんです。

 

 

よく見ると、花瓶にカーネーションが飾られています。

 

茶魔にとって、お母ちゃまは、いつまでも特別なんですね。

 

コメント: 0