· 

コロナワクチン幻想を切る

コロナワクチン幻想を切る

発売日:2021年4月2日

著者:井上 正康

 

新型コロナは感染力が6倍強くなった風邪コロナウイルス!

ベストセラー『本当はこわくない新型コロナウィルス』の著者にズバリ聞いた新型コロナウイルスとの正しい付き合い方!

 

・・・


井上:今、日本における混乱の一番大きな原因は、専門家を含めて「PCR陽性イコール感染者」という誤解が横行している事であり、これが大きな負の遺産になっています。PCR陽性と感染は全く別の次元なのに、陽性者を感染者とすりかえてしまっている。これを専門家がきちっと正ださないところに日本における混乱の原因があります。

坂の上:陽性になったからといって感染者ではないと、先生はおっしゃるわけですね。

井上:そうです。皮膚やスマホに大腸菌がくっついているのと変わりません。

坂の上:ぜひ今の先生のご見解を、日本の航空会社と各国政府に教えてあげたいと思います。

井上:昨年末から接種が始まったのは遺伝子ワクチンで、ウイルスの遺伝子をカプセルで包んで筋肉内に注射します。すると、筋肉の細胞がコロナウイルスのスパイクをつくるようになります。これは投与した遺伝子を体内で発現させて免疫反応を誘起する初めてのワクチンなのです。

坂の上:これは新聞記事になっています。IBMと日立が0.05ミリのマイクロチップの開発に成功しました。これを人体に入れることによって、マイナンバーとかソーシャルセキュリティナンバーといった個人を特定できるIDナンバーとひもづけるのではないか。AIによる、全ての人間のデジタル管理・監視社会の始まりとなり得ます。それもあって、私はワクチンに慎重なのです。


ゴー宣ファンのオススメの本を教えてください。

(ハンドルネームは匿名でも結構です)

メモ: * は入力必須項目です



コメント: 0