静岡新聞「基礎疾患ある男性、3回目後に死亡」

投稿者:みやざきさん

  

初めてメール致します。

 

本日(3月5日)の朝刊にブースター接種後に死亡したという記事がありましたのでご報告します。

 

静岡新聞でリスクの記事は初めてだと思います。

 

 

2/1の静岡新聞に掲載された意見広告の影響ではないかと思います。

 

この時期の変化をうれしく感じました。

 

静岡新聞には即感謝のコメントを送りました。

 

 

 

(管理人カレーせんべいのコメント)  

 

 

みやざきさん、初投稿の情報提供、どうもありがとうございます(^^)/

 

意見広告の影響で、真実を報道できる変化があったとしたら、有り難いことだと思います!

 

◆◆◆

 

そして、この死亡した男性は、基礎疾患のある90歳代。

 

3月3日にワクチン3回目接種した直後に体調を崩して、座り込み、転倒。

 

病院で死亡が確認。そして翌日の4日に掛川市の発表だから、「接種直後に亡くなった」と言っても良いでしょうね。

 

◆◆◆

 

この内容で私が気になったのは・・・、

 

そもそも「基礎疾患がある人はワクチンを接種してコロナ感染を防ぐべき」なのか、「基礎疾患のある人はワクチンの副反応に体が耐えられないから接種するべきではない」なのか、一体どちらなのでしょうか??

 

 

もちろん私は後者が真実だと思っています。



 

ホームページの運営資金  

 

以下のバナーからアクセスして頂ければ、どんな商品を買ったとしても平均3%が当サイトに入金されています。

      ↓↓↓


コメント: 11
  • #11

    リカオン (日曜日, 06 3月 2022 17:27)

    静岡に出張に行っていた主人によると、TVニュースでもこの情報は流れていたそうです。

  • #10

    madoka (日曜日, 06 3月 2022 17:17)

    90代で3回目接種。。。その事実に恐ろしさしか感じませんでしたね。死亡しても不思議はないな、と。

    夫の父は、70代半ばで、心臓や免疫系の疾患を抱えて、長めの入院生活から自宅に戻って、ワクチン打って10日後に、悲惨な死に方で亡くなりましたよ。その場に居合わせた義母は、葬式後二回目を何の疑いもなく打ちました。義父母共に、医者の勧めにより接種。(夫が事前に打たない方がよい話はしてました。)
    医者って、なんなんでしょう。もはや殺人者まがいのが、大半???

  • #9

    ねこだるま (日曜日, 06 3月 2022 11:50)

    mantokunさん:

    >私は正直、2年前から突然悪夢かホラー映画の世界に放り込まれて現実世界に戻れないままでいるような感覚です。精神的に本当にしんどいです…。

    心中お察しするというか、私も今回のコロナ騒動で世界が思っている以上にワイルドでSF的になっていることに気がつき愕然としております。
    妻はもうサバイバルモードに入っており、食糧危機に備えて備蓄してます(苦笑)。
    しかし、割合は少なくても全国にまともな人はたくさんいます。
    信用できるのは自分だけ、という状況では決してないです。

    このような世界をサバイバルしていくためには笑いが不可欠です。
    小林よしのり氏の「オドレら正気か!」や中川氏のツイッターなどがお勧めです。

    >マスコミがひたすら恐怖を煽るニュースそのものが異常で気持ち悪くて仕方ないです。ニュース番組はもう、あまりの禍々しさに耐えきれず全く見なくなりました。

    それは正解だと思います。
    私はもともとモノグサでTV見ないんですが、近所の自称陰謀論大好きのおばあちゃんなど「TVは洗脳装置」とはっきり言ってます。

  • #8

    ローカル (日曜日, 06 3月 2022 02:15)

    松田学オフィシャルブログ 2月28日の記事
    https://ameblo.jp/matsuda-manabu/entry-12729337179.html

    この中で、子どもへのワクチン接種に関する松田氏と井上正康先生とのQ&Aが以下のように紹介
    されています(抜粋)


    Q(松田氏)
    「呼吸器などに基礎疾患がある子どもは重症化リスクが高いことから接種を受けてほしいとしています。」ということですが(中略)基礎疾患のある子どもの場合、ワクチンがかえって重症化を引き起こす懸念はないでしょうか?
    A(井上先生)
    通常の感染症のワクチンではその様な医学常識が通用します。しかし、今回は「遺伝子ワクチンで産生されるスパイク自体が血管の壁を傷害して血栓症を誘発させることが国際論文で証明されており、逆に基礎疾患のある者は大人も子供も大きなリスク」になります。大半の医療関係者はこの事実を知らずに盲目的に推進しており、深刻な薬害に発展すると思います。

    井上先生は「副反応に体が耐えられないから」と明言はされていませんが、そういう意味合いなのでしょうかね。

    昨日の有志の会記者会見でも池田としえ議員が、ワクチンを接種した方々の中でも、基礎疾患のある方が亡くなっている事例が多いというようなことを話題にされていました。

  • #7

    mantokun (日曜日, 06 3月 2022 01:31)

    何でコロナワクチンに関してだけこんな異常がまかり通るのか不思議で仕方がありません。風邪薬、アルコール、カフェインの接種まで控えるのが当たり前と言われてきた妊婦に、妊婦こそ打つべきだと産婦人科医がこぞって言っているとか、重症化もまれで死者も出ていない小児に、高齢者を守るために打てと小児科医が言っているとか。余命短い高齢者に心筋炎リスクが高いと明らかになっている劇薬を2回も3回も平気で打つとか。それで亡くなっても皆して「コロナを防ぐためなら仕方ない」と言っています。

    この2年間、身の回りでコロナで重症化した人間も死んだ人もおらず、コロナを恐れる気持ち自体が全く理解できません。マスコミがひたすら恐怖を煽るニュースそのものが異常で気持ち悪くて仕方ないです。ニュース番組はもう、あまりの禍々しさに耐えきれず全く見なくなりました。

    私は井上正康先生などからコロナワクチンの危険について学ぶ以前の2020年夏頃からすでに、突貫できたワクチンなんかそれだけで怖くて接種する気になんかならないのが普通だと思っていました。何でこんな当たり前のことが全く通用しない社会になってしまったんでしょうか。私は正直、2年前から突然悪夢かホラー映画の世界に放り込まれて現実世界に戻れないままでいるような感覚です。精神的に本当にしんどいです…。

  • #6

    まさ (日曜日, 06 3月 2022 00:33)

    仮にコロナを患っても大往生として受け入れられるのではないか
    ワクチンは明らかに人為的殺人

  • #5

    リカオン (日曜日, 06 3月 2022 00:16)

    心臓に基礎疾患のある知人が3回目を打とうとしているのを止められないでいる。
    ワクチンで血栓ができるのに心臓をさらに危険にさらしてしまう。
    基礎疾患あったらなおの事打ったら命取りだと思う。
    コロナ論と井上正康氏の本を貸し、意見広告の新聞も渡したが、「色々な意見があってどれが真実かわからない」と片付けられ、そこで待って様子を見て欲しいのに、なぜか打つ選択をする。
    その人は理科の先生で奥さんは生物学を学んだ人なのになぜ通じないのか・・・・。

  • #4

    ゆり (日曜日, 06 3月 2022 00:13)

    私もこんな強烈な副作用のあるワクチンなんて、基礎疾患のある人こそ危ないのではないかとずっと疑問に思っています。
    コロナよりもワクチンが最後の一押しをするのではないかと。
    それにしても静岡新聞いいですね。信毎は意見広告掲載後も論調が変わりません。

  • #3

    殉教@中立派 (土曜日, 05 3月 2022 23:24)

    (以前、木蘭師範も指摘したが)元々、血栓系の基礎疾患を持つ老医師が、接種を拒否して叩かれたこともあった。また、「現在のオミクロン株に、武漢型ワクは効かず、デメリットだけが残る」は民衆に共有されるべき情報。

  • #2

    みのかさご (土曜日, 05 3月 2022 23:22)

    ハイリスクの人は打つ意義があるという論調に私も疑問を感じています。接種後の死亡の原因が全て都合よく基礎疾患のせいにされそうです。

  • #1

    さらうどん (土曜日, 05 3月 2022 23:07)

    私も「基礎疾患のある人はワクチンの副反応に体が耐えられないから接種するべきではない」と思いますね。
    「ハイリスク群の方々は接種してもいいけど、そうじゃない人は接種の必要ない」という論調の人も結構見かけますが、
    そもそも新型コロナ用ワクチンに関してはベネフィットは欠片もないと確信的に思うようになりました。